北京旅行:28日(火)最終日編♪ 

2006, 12. 05 (Tue) 09:25

フライトまでの短い時間を使って、老公大二日酔いの中
早起きして出かける。
目指すは、故宮を一望できる景山公園の頂上へ。
道路は大渋滞なので、近くまで地下鉄で行き
王府井で降り、ワンタン候で軽い朝食。
北京旅行39

その後タクシーで景山公園まで行き、急な勾配の獣道?
の様な場所をヒーコラ言いながら、一気に上る。
北京旅行40
北京旅行41
北京旅行42
北京旅行43
北京旅行44
北京旅行45

少々ガスっていたのが残念だけど、見渡す故宮の景色はサイコーでした♪
今度もう一度北京に来るチャンスがあったら、故宮を必ず見よう!と
思いました。
そしてぐるりと1周し大慌ててホテルへ戻って、空港へ滑り込んだのでした。

私の初めての北京旅行は、こうして幕を閉じたのでした。チャンチャン♪
一人で時間を潰せる事にも(老公含め)驚いた今回の旅でありました。


中国に朝らしい朝♪太極拳で身体を動かす♪



ブログバナー?
↑ボチボチ参加中

北京旅行:27日(月)宮廷料理編♪ 

2006, 12. 05 (Tue) 09:15

北京の旅も明日でお仕舞い。お昼の便で上海へ戻ります。
日本から来た旅行客と共に、北京の晩餐。

宮廷料理を頂きます。お店の名前は、格格府
中国語の先生曰く、皇帝の娘の家という意味らしいです。
(格格は皇帝の娘。府は家)
お店の門構えからして、豪華です。
お店に入るとお付の者がいて、暖かく出迎えてくれます。
席に着いて暫くすると、宮廷料理と言われるお料理が
速続と出てきます。
≪詫び≫詳しく調べていないので、軽くスルーさせてもらいますね。(^^;)
北京旅行34
北京旅行35
北京旅行36
北京旅行37
北京旅行38

皇帝の娘の家と設定してあるので、お姫様も鎮座されています。
ドラの音と共に踊り子達が、お姫様の為に余興を行ないます。
それも何度も衣装を変えて登場します。


初めての宮廷料理&余興も楽しかったです♪
良い思い出となりました。





ブログバナー?
↑ボチボチ参加中

北京旅行:27日(月)観光・買い物編♪ 

2006, 12. 03 (Sun) 14:14

今日は日本人の旅行客のメンバーの宿泊するホテルへ向かい
微力ながら通訳をする私。大丈夫かっ?私。
タクシーに乗ったのは、良いけれど運転手さん、迷子。
9時ロビー待ち合わせだったのに、大遅刻ですよっ!

さておき合流し、先ずは天安門広場へ・・・。
車線も大きく取ってあり、道もすごくきれいでした。
北京旅行30
北京旅行31
北京旅行32


私、上海だけかと思っておりましたが
北京にも、バッタ市場があると言うので、紅橋市場へ。
(日本人旅行客情報。)
1階は家電売り場があり、2階から洋服やカバンなどの製品を
取り扱っておりました。
3階は、真珠や石が販売されていて、ピアスを購入していました。


お昼ごはんは、相方のお友達が北京に住んでおられて
お奨めの、北京式火鍋(しゃぶしゃぶ)東順来へ行きました。
こっちに来るまで、羊肉は臭い!イメージがあったのですが
全くそんな事がなく、以外にも美味しいんですよ。
(余談ですが、ピータンも全く臭みがないのには、驚く限り。)
羊肉は身体を温める作用が高く、冬場には持って来いの食材です。
上海でも美味しく頂いています。
北京旅行33


その後、足裏&全身マッサージへ♪

この日の夜は、宮廷料理を頂きます~。
続きは、また後日♪






ブログバナー?
↑ボチボチ参加中

北京旅行:26日(日)続き♪ 

2006, 12. 03 (Sun) 13:23

明十三陵へ
万里の長城の観光を終え、昼食後次は明十三陵へ

明十三陵とは?
中国の明の時代の皇帝その皇后の陵墓郡。
(明王朝歴代皇帝の陵墓)
その中の定陵という場所は、地下の大宮殿が有名で
入る為に、X線のセキュリティチェックを受けました。

地下宮殿は深さ27mの所にあり、発掘された当時の棺(複製)や
皇帝、皇后の大理石で出来た宝座が展示されています。
北京旅行28
北京旅行27
北京旅行29







ブログバナー?
↑ボチボチ参加中

北京旅行:26日(日)一部分、万里の長城編♪ 

2006, 12. 03 (Sun) 00:14

26日(日)星期天

万里の長城&明十三陵へ

とにかく万里の長城に付いた途端、激寒で~す。
おまけに風も強かった・・・。寒いよぉー。
ロングコートのダウンでも辛かった~~。
中には、ババシャツを仕込んであります。(^~^;)V

ロープウエイを利用し、頂上まで一気に上がります。
最後の数メーターを、自分の足で登る事に・・・。
とにかく急な、階段と坂道が続きます。
階段も段差があって、基礎体力の無い私にはキツイです・・・。
途中、外国人の方が滑って転んだのでしょう、怪我をされて
倒れたままで居ました。
頭を打っていて、流血・・・。コワイヨォー。(ToT) 恐ろしい・・・。

私達が下る頃に、ようやくタンカが到着し、病院へ向かわれたかと
思われます。意識はあった様でしたが、それ位キツイ勾配です。
おまけに雪が残っていて更に滑りやすく、危険な状態となっていました。
怖気づく私・・・。引き返す勇気がなく、皆と共に(仕方なく)一歩一歩
慎重に、手すりを伝って登りましたよ・・・。

この続きはまた後日~♪

北京旅行24
北京旅行25
北京旅行26
万里の長城を降りたすぐの所にある、お食事処にある毛沢東さん。






ブログバナー?
↑ボチボチ参加中